アジア都市環境保健学際コンソーシアム

世界人口が70億人を超えた現在、そのうち半数以上が都市に居住し、さらにその1/3が、いわゆるスラムに居住しているといわれています。そうした世界情勢を受け、アジアにおいては都市の環境と健康問題が顕在化し、また問題は今も複雑化の一途をたどっています。
UEHAS では、これらの問題解決のために、①医学(人の健康)と工学(都市、自然)の異なるアプローチ・視点、②多様な都市問題に対する、医学・工学分野における複眼的な解決能力を備えた人材の育成、③教育・研究を通じた国際ネットワークを目的とした教育プログラムを実施しています。