環境リーダーとなる
人材の育成

都市環境工学コース
AN,Kyoung Jin 特任講師

* What is APIEL program?

“Asian Program for Incubation of Environmental Leaders (APIEL)" is the University of Tokyo's educational program to foster and network young leaders who have a broad perspective, strong willingness and substantial capability to take actions in Environmental Challenges especially in Asia while being aware of the global aspect of environmental issues. The definition of Environmental leaders, in this context involved the process of problem solving and making significant contributions to environmental problems in the 21st century. APIEL focuses on Asia, because as a matter of fact, Asia composed of many densely populated countries at different development stages which hold the key to build a sustainable human society within the inherent constraints of the world.

アジア環境リーダー育成プログラム(APIEL)は、広い視野と確固たる意志、優れた能力をを備え、環境問題のグローバルな側面を理解しつつアジアの環境課題に取り組む人材を育成し、ネットワーク化することを目的として、東京大学が実施する教育プログラムです。ここでいう「環境リーダーシップ」には、21世紀の環境問題の解決のためのプロセスを示し、問題解決に重要な貢献をすることが求められます。APIELが特にアジアに注目するのは、アジアが抱える巨大な人口と発展段階が異なる多様な国々が、有限な地球上に持続可能な人類社会を構築する上での最大の鍵を握る地域であると考えるからです。

* Why is the program for environmental leaders needed?

There is no single solution exist in terms of environmental problem that can solve multifaceted community relations. Furthermore, the needs for environmental leadership have never been higher than in this era of complex and evident environmental problems in Asia. Therefore, we strongly believe that the leadership development in higher education is a priority element for improving the environment, and our program will contribute to society by fostering environmental leaders who possess a balanced understanding of ideas about environmental issues and the highest level of competence in making correct judgments and generating effective implementations. However, we reckon the current education system is lacking in providing holistic view on environmental issues, inter-or trans-disciplinary and hands-on experiences to our further leaders. Hence, APIEL in response to such challenges in higher education focuses on an open, participatory model and visible leadership development through various activities.

こと環境問題に関する限り、多面的なコミュニティー内部の対立を、それのみをもって解決できるという答えは存在しません。さらに、アジアにおける環境問題が複雑化、顕在化している今日、環境リーダーシップの必要はますます高まっています。だからこそ私たちは、高等教育におけるリーダー教育は環境問題を改善するための主要な要因であると確信し、環境問題についてのバランスのとれた見識と、正しい決断をしてそれを効果的に実施するために必要な高い能力を持つ環境リーダーを育成することで、社会に貢献していきます。
現在の教育システムは、環境問題についての全体論的視野や、分野融合型アプローチ、実践的な経験などを十分に提供しているとは言えません。高等教育が直面するこのような課題への一つの回答として、APIELは、様々な活動を通して、参加型の目に見えるリーダーシップ教育に取り組んでいます。

* Please let us know the past APIEL activities.

APIEL's activity can be introduced in three categories: 1) developing curriculum in class includes current environmental issues and widely recognized environmental problems in Asia; 2) building broad and resonant networks among the universities, research institutions and program graduates throughout Asia by conducting field exercise; and 3) organizing workshop and international symposium to discuss how best we can develop and expand the current education pedagogies and competence of Environmental Leadership. As for the field exercise, students are dispatched to Asian field sites such as Thailand, China, Vietnam and Cambodia to tackle real-world problems on-site. We also offer internship programs in cooperation with our collaborators (ADBI and JICA etc) within Japan. Please visit our website http://www.envleader.u-tokyo.ac.jp/index_e.html for detailed information

APIELの活動は大きく次の3つに分けられます。第1に、現代における環境課題やアジアが直面する環境問題を取り扱う教科カリキュラムを開発すること。第2に、環境フィールド演習の実施を通して、アジア各地の大学や研究機関、APIELの修了生らと広範かつ共鳴型のネットワークを構築すること。第3に、ワークショップやシンポジウムの開催を通じて、環境リーダーシップに関する教授法や能力開発の方法を討議することです。環境フィールド演習では、学生はタイ、中国、ベトナム、カンボジアなどアジア各地の環境現場に赴き、現実に発生している環境問題の解決に取り組みます。他に、アジア開発銀行研究所(ADBI)や日本国際協力機構(JICA)などと協働して日本国内においてインターンシップ・プログラムも提供しています。詳細はAPIELのホームページに掲載されています。

* Please give us your message to future environmental leaders.

Today's society needs environmental leaders who are responsible not only for technical solutions of the environmental problems but also for creating sustainable future systems and societies. Indeed, I think that all of us will find ourselves leading others at some time and place in our career, and that overt preparation for leadership should be an integral part of professional education and experience. It is true that Asian universities are relatively behind or distant from the global movements of networking in environmental education and participatory programs so far. If you are ambitious and striving for your better future, you should not miss the APIEL program while you are studying at the University of Tokyo. My belief, based on many years of professional experience, is that leadership can be learned. Hence, you can create positive change toward a vision of an environmentally friendly and/or better future with APIEL. You will learn how to seek common ground, negotiate and cooperate with other stakeholders to face complex and long term environmental problems. Knock on the APIEL's door to lead yourself to be a Leader!

今日の社会が求めているのは、環境問題を技術的に解決するのみならず、持続可能な社会とシステムの創造に責任を持って取り組む環境リーダーです。私たちは誰もがそのキャリアにおいていつか、他者をリードすることになりりますし、だからこそリーダーシップの分野においても準備を行うことは、専門教育や経験にとって不可欠なことだと考えています。
アジアの大学が、環境教育や参加型プログラムにおいてのネットワーク形成という世界的な潮流に後れを取っていることは否めません。もしあなたが大きな志を持ってより良い未来のために努力しようと決意しているのであれば、ぜひAPIELに参加して下さい。私は、リーダーシップとは学ぶことができるものだと確信していますし。APIELで学ぶことによって、より環境に優しい、よりよい未来に向けたビジョンを形成することができるのです。
APIELで学ぶのは、複雑かつ長期的な環境問題について、どのようにして他のステークホルダーとの共通点を見出し、交渉し、協力していけばよいのかということです。APIELの扉をたたき、自分自身がリーダーになるための第一歩を踏み出してください。

環境リーダーとなる人材の育成

環境リーダーとなる人材の育成