教育設備

演習室

演習室都市工学科では、演習と呼ばれる実践的授業に重点を置いています(カリキュラムを参照)。3年夏から4年夏までの3学期間にわたって、都市計画コースでは週9時間、都市環境工学コースでは週3~9時間を演習に割いており、その作業は主に演習室で行われています。演習室は、都市計画および都市環境工学の各コースの各学年にそれぞれの部屋が割り振られており、パソコンやスキャナ、プリンタ、製図版、ホワイトボードといった演習を円滑に進めるための設備が整っています。演習時間中以外にも、演習の居残り作業、休み時間の食事・談笑のスペースとしても活用されており、学生生活および交流拠点の役割も担っています。

実験室

実験室都市環境コースでは、3年次週2~3回の実験演習において、環境分析方法の習得を通じて、環境問題解決への技術的な方法論を学ぶこととなります。都市環境工学コース用に実験室が備えられており、演習室と並んで頻繁に使用することになります。3年夏学期では、さまざまな環境汚染の度合いを表す指標の基本的な測定方法を習得すると共に、微量汚染物質分析など高度な分析技術も学びます。冬学期では、習得した技術を用いて、都市河川の現地調査を行ったり、水処理プロセスに関する設計、モデルシミュレーション、性能評価など体系的な実験・演習を行います。情報収集の方法、データの整理、報告書作成、口頭発表の手法など、研究者やエンジニア、あるいはプランナーに必要とされる基本的な技術を習得します。

パソコンルーム

パソコンルーム演習室と同じフロアには、都市計画・都市環境工学コース共用のパソコンルームがあり、約30台のパソコンの他、コピー機、プリンタ、ポスタープリンタが設置されており、都市工学科の学生は演習・授業の目的において自由に使用することができます。パソコンにはWindowsをOSとして、Officeの他、Illustrator、Photoshop、CAD、GISといった、演習での資料作成や製図、授業のレポートなどに必要とされるソフトウェアがインストールされています。これらのソフトウェアを使った経験のない多くの学生も、演習を通して教員や先輩に教わることで、次第に使いこなせるようになっていきます。

図書館

都市工学科では、各研究室が所蔵する書籍の他、学科付属の図書館も備えており、多数の都市工学関連文献を中心に、都市工学に関連する学会の論文集や雑誌、統計書や地図、卒業生の論文などが所蔵されており、演習・実験や卒業研究のために欠かせない重要な役割を果たしています。コピー機や自習机もあり、自習のためのスペースとしても活用されています。

ホームページ http://www.due.t.u-tokyo.ac.jp/resources/library/top.html
場所 14号館7階 開室時間  月曜日~金曜日
10:00~18:00(12:00~13:00カウンター業務休止)
休室日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
貸出冊数 3冊まで(院生以上は5冊まで)
貸出期間 2週間
その他 その他の付属図書館